駐在員のリアルエステートガイド

海外赴任者のためのマンション活用ガイド:売却、賃貸、空き家管理の三つの方法

海外赴任が決まった喜びを噛みしめる一方で、持ち家であるマンションについてどうするべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。赴任先で新たな生活を始めるにあたり、マンションを売却すべきか、賃貸に出すべきか、あるいは空き家として管理すべきか。この記事では、それぞれの選択肢とメリット、デメリット、そして選択にあたって考慮すべき点について解説します。

海外赴任が決まった場合、最初に考える選択肢はマンションを売却してしまう方法です。不動産の売却は、一時的な資金を得るための有効な手段であり、ローン返済の負担を減らすメリットがあります。売却を選択する際には、不動産会社に依頼して物件の査定をする必要があります。査定価格は物件の条件や地域によって大きく変動するため、複数の業者に査定を依頼し、最適な価格を見つけましょう。しかし、売却にはデメリットも存在します。マンションを売ってしまうと、帰国後の住宅に困る可能性があります。そのため、売却を選ぶ際には将来の計画も考慮に入れるべきです。

次に、賃貸という選択肢について解説します。マンションを賃貸に出すことで、海外赴任中でも家賃収入を得ることが可能です。賃貸に出すことで、空き家になることを避け、物件を活用することができます。また、賃貸に出せば出すほど、物件が劣化する速度が抑えられるというメリットもあります。賃貸に出す際は、不動産業者に依頼して賃貸契約を結び、定期的な管理も任せることが多いです。しかし、賃貸にはトラブルもつきものです。例えば、賃借人が毎月の家賃を滞納したり、物件を荒らしたりする可能性があります。そのため、信頼性のある管理業者を選ぶことが重要です。

最後に、空き家として管理する方法について説明します。海外赴任中、自宅を空き家にしておけば、帰国後すぐに住むことが可能となります。また、貸すも売るもしないため、手間もかかりません。ただし、空き家となると、長期間にわたる管理が必要になります。天候や老朽化によるダメージを防ぐため、定期的なメンテナンスを行うことが重要です。そのため、信頼できる業者や近くに住む知人に定期的なチェックを依頼したり、空き家管理サービスを利用したりすることがおすすめです。

海外赴任が決まった際に、マンションをどうするかは一人ひとりの状況によって異なります。自身のライフスタイル、資産状況、また赴任期間などを考慮し、最善の選択をすることが大切です。この記事があなたの選択を助ける一助となれば幸いです。海外赴任を機に、マンションの有効活用を考えてみてください。

Copyright (c) 駐在員のリアルエステートガイド